1. HOME
  2. 浮気・不倫淋病に感染して浮気発覚!性病で相手の浮気に気づいた時の対処法

浮気・不倫

2016年12月16日

淋病に感染して浮気発覚!性病で相手の浮気に気づいた時の対処法

淋病に感染して浮気発覚!性病で相手の浮気に気づいた時の対処法

パートナーの浮気は、とても辛いものです。浮気は、信頼してきた相手への裏切り行為です。浮気をしている疑惑が浮上した場合、多くの人が認めたくないと思うかもしれません。しかし、事実をはっきりとさせることで、相手を改心させたり、新しい異性との出会いが広がったりとより幸せな道へと繋がっている可能性もあります。

浮気に気づくきっかけとして多いのはどのようなものだと想像しますか?相手のスマートフォンや携帯電話を見て浮気を発見する人、相手の持ち物から浮気を見つける人、浮気相手と会っているところをたまたま見てしまう人など、浮気が発覚するきっかけはさまざまです。

その中でも、性病が見つかることで浮気発覚のきっかけとなることが意外と多いということをご存知でしょうか?自分はパートナー以外とセックスをしていないのに、なぜか性病に感染していることがわかった場合、それは相手が自分以外の誰かとセックスをして、性病に感染してしまったことで、自分にもうつってしまった可能性が高いといえます。

日常で浮気をしているように感じなかったとしても、性病が見つかることがきっかけで浮気発覚に繋がることも多いのです。

淋病ってどんな病気?

性病の中でも多いもののひとつに、淋病というものがあります。淋病とは、一体どのような病気なのでしょうか?

男性にあらわれる症状

男性が淋病に感染すると、排尿の際に強い痛みがあらわれます。また、尿道からうみのような分泌物が出ることで、病気が発覚することもあります。しかし、男性の場合、これらの症状がでないこともあるため、気づかずに放置していると菌が精巣にまで到達し、無精子症になってしまうこともあります。

女性にあらわれる症状

女性が淋病になった場合には、おりものが増えたり悪臭がしたりするようになります。しかし、多くの女性が無症状で病気に気がつかないケースもあります。

女性が淋病に気がつかず治療をしなかった場合、淋菌が卵巣や子宮に到達して不妊の原因になってしまうケースもあります。また、妊娠中に淋病に感染すると、出産時に胎児が淋病に感染し、眼に影響がでることがあるため、注意が必要です。

淋病に気がつくきっかけとは?

淋病は、男性も女性も感染していることに気がつかないことが多い病気です。淋病に気がつくきっかけとは、何があげられるでしょうか?

症状があらわれて病院にかかったとき

淋病であることにきがつくケースとして多いのが、症状があらわれたことで病院にかかるものです。症状があらわれた人の場合、深いな症状の理由を知るべく泌尿器科や婦人科にかかります。そのときに淋病に感染していることが発覚することが多いといえます。

ブライダルチェック

パートナーとの結婚を考えている人の場合、結婚前に体の状態を知るためのブライダルチェックというものを受ける人もいます。これは、自分が妊娠できる体であるかどうかや、体に重大な病気を抱えていないかなどを結婚前に知るための検査です。この検査の結果次第で、家族計画や治療継続などを判断するのです。

このブライダルチェックの項目の中には、クラミジアや淋病など、代表的な性病の検査をすることもあります。これによって淋病に感染していることが発覚することもあるのです。

妊娠中で検診を受けた際に気づくケース

女性で妊娠中の場合、妊婦検診で産婦人科医に淋病を指摘されるケースがあります。妊婦検診では、内診をすることがあるため、自分では気がつかないおりものの変化や臭いの変化に産婦人科医が気づくこともあるのです。

浮気相手から淋病であることを知らされるケース

これは、浮気をしている側が浮気相手から淋病であることを知らされ、パートナーに治療を促さなければならなくなるケースもあります。淋病は放置しておくとさまざまなトラブルを引き起こす恐れのある病気です。

そのため、もしも自分の浮気によって淋病に感染し、パートナーにまで淋病をうつしてしまっていた場合には、自分のみならずパートナーにも治療を受けさせる必要があります。スムーズに治療を受けさせるために、浮気をカミングアウトしなければならなくなることもあるのです。

淋病がきっかけで浮気を見つけたらどうすれば良い?

見に覚えのない淋病感染が発覚したら、それはパートナーの浮気の可能性が濃厚であるといえます。その場合、どのように相手に切り出せばよいでしょうか?まずは淋病に感染していたことをパートナーに報告し、自分には身に覚えがないことをはっきりと伝えましょう。

たちのわるいパートナーや浮気になれたパートナーの場合、自分の浮気を認めなかったり、あなたの浮気を疑ったりする可能性もあります。

その場合にも折れてはいけません。淋病はセックスによって感染する性感染症であるため、自分に感染する可能性のあるセックスをした覚えがないのであれば、相手が自分以外の誰かとセックスをして、そこで感染したものをうつされたという流れが一般的であるといえます。相手が浮気を認めるまで、折れずに徹底抗戦するようにしましょう。

まとめ

自分には身に覚えのないのに淋病に感染していた場合には、相手が他の人とセックスをした証拠であるといえます。相手を反省させるためにも、性病以外にも相手の浮気の証拠を集めて、浮気の事実をはっきりさせることが大切です。

浮気問題を円満に解決したい
離婚裁判で慰謝料請求をしたい
浮気問題を誰かに相談したい
子どもの為にも元の夫婦に戻りたい

© 2017 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.