1. HOME
  2. 浮気・不倫カマをかけて夫や妻の浮気を徹底的にチェック!カマかけ質問の方法とは

浮気・不倫

2016年11月30日

カマをかけて夫や妻の浮気を徹底的にチェック!カマかけ質問の方法とは

カマをかける男女

浮気をしているのでは?と疑いを持った時に、ストレートに聞いてしまっては変にこじれてしまう場合があります。本当に浮気をしていればごまかしてしまうでしょうし、していなければ腹を立ててしまいます。

そんな時はカマかけ質問をしてじわじわと核心に迫るという方法が有効です。しかし下手なカマかけをしてしまうと相手を警戒させるだけに終わってしまいます。上手なカマかけ質問の仕方を覚えましょう。

浮気をする側の心理

浮気をしている側からすれば浮気をしているとバレたくない訳ですから、できるだけ隠そうとします。隠そうとすればどうしても嘘や言い訳が発生してしまうのですが、嘘や言い訳は多くなればなるほど矛盾が生じます。

結果としてできるだけ動揺しないように常に気を張っている状態になっているのが浮気をしている人間です。浮気をすることによって生じる違和感を感じさせないようにするためにやたら口数が増えたり、優しくなる人もいます。

中には追求を避けるために徹底的に口数が少なくなり、家に帰らなくなってしまうタイプの人もいて、なんにせよ、浮気前とは明らかに何かが変わってしまうのが浮気をしている人間です。

カマかけのチャンス

おかしいなと感じたら、それとなくカマかけ質問をしましょう。日常の要所要所でカマかける方法もありますが、1番効果的なのは、相手のミスを押し広げるカマかけです。

浮気をしていると、聞いてもいないのに休みの日に予定が入って家にいられないと言い訳を始めたり、仕事が忙しいとやたら言い出したりすることがあります。そういった時に何気なく、詳しく確認を取るのです。

この方法はかなり決定的な証拠をつかめるチャンスでもあります。設定に凝るタイプの人の場合は案外乗り切ってしまうかもしれませんが、普通は嘘の設定はあまり細かくは決めていません。

そういった嘘の特性を逆手に取って、相手の言い訳を詳しく根掘り葉掘り確認して、こっそり記録を取っておくのです。

その言い訳をした日が過ぎて、すっかり忘れた頃に、その日の話題を確認してみてください。「そうそうあの日、休日出勤だったっけ?どうだった?」などの軽い話題でかまいません。

相手はもうごまかしきれたと安心している頃合いなので、嘘の細かいディテールを既に忘れてしまって、いつ、どこで、だれと、何をしたという以前にした言い訳との矛盾が出てしまうはずです。

積極的なカマかけ

チャンスを待っているだけの消極的なカマかけだけではなかなか尻尾を掴めないという場合には、より積極的なカマかけをする必要があります。積極的なカマかけをする場合の注意点は、うっかり追い詰めすぎないようにすることです。

うっかり追い詰めてしまうと逆ギレして、お互いに傷つけ合うことになってしまう場合があります。相手を自暴自棄にしてしまわないようにさじ加減が大切です。

スマホを渡すかどうか

浮気の証拠となりやすいのがスマホです。相手もそれをわかっているので、浮気を始めると大体の人はスマホを決して置きっぱなしになどしないようになります。この行動から感づいたというパートナーの人も多いのではないでしょうか。

軽いカマかけとして、なんらかの理由を付けて、スマホを手渡してもらうようにしむけましょう。たとえばスマホを綺麗にする方法を聞いたとか、バージョンを確認したいとか、カバーを作りたいからサイズを計らせてなど、理由はごく軽いものでいいでしょう。

そこで絶対にスマホを渡さないようならかなり怪しいと言えます。浮気において、スマホはキーアイテムです。こういったカマかけはかなり有効です。

寝言の話題

寝言と言うのは自分では確認できない上に、何を口にするかコントロールができません。そこで、何気なく朝食の席などで「寝言で知らない人の名前を呼んでいたけどだれ?」などと質問してみましょう。

この発言をする際はできるだけ相手が警戒していない素の状態のときに行ってください。表情の変化やちょっとした動揺を確認しやすい位置で話題に乗せてみましょう。

この話題では相手の動揺を確認するだけにしてください。あまりつっこむと、寝言の内容を説明しなければならなくなり、逆に自分があたふたする羽目になってしまいます。

異性と楽しそうにしていたのを見た

これもさりげない話題として出しましょう。自分が見たということにしてもいいのですが、口からでまかせの場合は追求されると自分が困るので、知り合いが見たということで話す方が安全です。

知り合いが街中でパートナー以外の異性と楽しそうにしているのを見かけたと言っていたとカマをかけてみましょう。一瞬何かを思い出すかのようにしたらクロの可能性がかなり高いです。

少しでも覚えがある場合、人間はそのときのことを思い出そうとするものです。そういったちょっとした心の動きを確認して、浮気をしているかどうかを探り出しましょう。

確信を掴んだら

カマかけ質問で相手の浮気の確信を掴んだら、後は証拠を固めるだけです。相手の行動をチェックしつつ、言い逃れできない浮気の証拠を集めてください。

その後の交渉を離婚に持っていくか、修復のための話し合いをするかは自分たちの気持ちしだいです。ごまかせる簡単な相手だと思われる事態だけは避けましょう。

浮気問題を円満に解決したい
離婚裁判で慰謝料請求をしたい
浮気問題を誰かに相談したい
子どもの為にも元の夫婦に戻りたい

© 2018 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.