1. HOME
  2. 浮気・不倫経営者は息抜き代わりに気軽に浮気する?お金に余裕があるなら特に注意

浮気・不倫

2016年11月30日

経営者は息抜き代わりに気軽に浮気する?お金に余裕があるなら特に注意

経営者

経営者というのはとても忙しい立場です。そう考えるととても浮気をしそうにありませんよね。でも、実は経営者というのは浮気をしやすい立場でもあるのです。

時間がある程度自由になり、自分が好きに使えるお金も多いのが経営者です。自分の上に行動を制限する人はいないのですからこれは当然ですね。そして浮気をしてもその行動が掴みにくいという特徴もあります。

経営者は浮気をしやすい?

経営者というのは基本的にアクティブでなければなりません。常に情熱を持って他人に先んじて活動してこそ仕事を導いていくことができるのです。

そんな経営者にとって他人と交流するということはとても大切です。新しいアイディアと新しい繋がりがそこから生まれて来るからです。経営者の主な仕事と言うのは、同業者や他業種との交流と言ってもいいでしょう。

そうやって多くの人と交流する経営者は、たくさんの出会いを経験します。つまり自分の好みの相手と出会う機会が多いのです。経営者気質の人は前向きですから気に入った相手には積極的にアタックします。

気に入った異性との交流を軽い気持ちから始めて、交際へと発展してさらに浮気へと進展していくことが多いのが経営者なのです。しかも付き合いが多いので、たとえ浮気をしていてもわかりにくいのです。

経営が安定していると浮気しやすい

経営者は経営が不安定な時は資金繰りで走り回ることになりますが、経営が安定している場合は部下に方針を指示するのが主な仕事になります。後は経営者同士のお付き合いや年度末の申告の準備が忙しい程度です。

そうして安定した経営を行っている経営者は、ある程度自分の時間を自由に使うことができるのです。そのため遊ぶ時間ができて浮気をする下地が整っている状態になります。後は相手を探すだけという状態です。

資金繰りが安定しているのですからお金も持っていることになります。そして気に入った相手を見つけたらその相手に好きなだけお金を使えます。経営が順調な経営者にとって、浮気はやろうと思えば簡単な遊びと言えるでしょう。

常に頼られているストレスを解消したい

経営者は集団のトップであり、その集団の進む方向性を自分で決断して指示して行かなければなりません。それはとても責任の大きいストレスの溜まる立場です。そのため、経営者は常に息抜きの場所を求めています。

経営者にとって仕事の部下も家族もある意味では同じグループに属していて、そのグループにおいては自分は頼られる立場の存在なのです。そこで、そのグループ外に責任を持たなくていい相手を求めがちになります。

大体の経営者はそのストレスのはけ口を水商売の相手に求める傾向があります。相手は仕事なので付き合うのも気が楽という所があるのでしょう。ところがそこからのめり込んでしまう場合がよく見受けられます。

経営者は自分の背中に背負っている責任が重ければ重いほど、浮気相手に対する精神的な依存が大きくなり、気付いたら本気になっていたということが起こりがちだからです。

経営者に多いワンマンタイプに注意

経営者の中にはワンマン社長と呼ばれるタイプの人が意外なほど多くいます。このタイプの人は独裁的で、自分の考えで全てを進めていきます。他人に相談したりすることはなく、全てを自分の独断で決めるのです。

そのため、このタイプの経営者は自分の感性が全てです。もちろん恋愛も気持ちが動けばその気持ちに従って動きます。他人の気持ちはあまり考えないのがワンマンタイプの経営者の特徴です。

仕事を先頭立って精力的に行っているタイプの経営者に多いワンマン社長は、そうやって他人の気持ちをほとんど斟酌することなく、己の気持ちの変化に従って浮気に走ってしまいます。

経営者の浮気をチェックするには

経営者は基本的に仕事時間が決まっている従業員とは違い、時間に縛られない活動をしています。そのため浮気をしているかどうかの判断がとても難しい相手です。

基本的なチェックとしてはスマホを調べるのが大切です。ただ、経営者となると仕事用とプライベート用にスマホを分けて持っていることが多いため、両方をチェックするのは難しいとも言えます。

最悪、浮気用に別にスマホを用意する可能性もあるので、普通に対応していてはなかなか証拠をつかむことができません。財布に入っているレシートやカードの明細などからどのような買い物をしたかなどを地道にチェックしていくことが大切でしょう。

他には帰宅時間が急に遅くなりだしたり、付き合いでの外出が増えたりする場合も要注意です。経営者の場合は言い訳はいくらでもできますから、きちんと証拠を抑えられるように十分に調査をしておきましょう。

いざ浮気が発覚して、離婚沙汰となった場合には、悔しい気持ちと怒りの代償にできるだけ慰謝料をもらいたいですよね。そのためには絶対に浮気をしている確証を掴んで、できる限り有利な交渉ができるようにする必要があるのです。

浮気問題を円満に解決したい
離婚裁判で慰謝料請求をしたい
浮気問題を誰かに相談したい
子どもの為にも元の夫婦に戻りたい

© 2018 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.