1. HOME
  2. 浮気・不倫60代はセックスレスが当然!でも浮気する?60代SEX事情と男女の差

浮気・不倫

2016年09月27日

60代はセックスレスが当然!でも浮気する?60代SEX事情と男女の差

セックスレスの60代夫婦

60代と言えば、もう互いに性欲の尽きてくるころで、セックスレス状態に陥っていてもおかしくないでしょう。でもセックスレス状態が原因で浮気をする。こんな理不尽が起こりうるのが60代の男女というものです。今回は60代男女のセックス事情や浮気について紹介したいと思います。

セックスレスに関連する記事

60代のセックスレスは当然?

60代夫婦がセックスレス(1ヶ月以上、性交渉が無い状態)に陥る。これは当然と言えば当然のことでしょう。やはり60代くらいになると男であっても女であっても精力が衰えてきます。特に女性の場合は閉経を迎えるため、40代ごろから顕著に上昇する性欲が一気に減退。もう性交渉がしたいと全く思わない方も多いようです。

同じように男性も60代ともなれば精力ダウン。いくら20代、30代のころに滝のような勢いで精力が湧いてきた男性でも年には勝てないもので、50代後半くらいからは自然とたたなくなってしまいます。

互いに精力が無くなれば、精力解消が目的であるセックスの意味が薄くなってしまい、夜の営みがなくなるのは当たり前のこと。実際にセックスレスは歳と共に増える傾向にあり、60代では1か月あたりのセックス平均回数が1回を切るほどです。

セックスレスでも浮気はする?

セックスレスが当たり前の60代。セックスがなくとも夫婦円満、仲良く暮らせると思い込みがちですが、少し待ってください。セックスレスが当然なのはアンケートなどから事実と認めますが、そこからの浮気が無いとは言っていません。

むしろ60代のセックスレスが当たり前になっているからこそ浮気に注意してほしいのです。人間というのは周りの話やデータに流されやすいもので、セックスレスが当たり前と見ると「むしろセックスを頻繁にするのはおかしいのか」なんて思いこんでしまいます。

しかし、妻または夫は本当はセックスをしたいのかもしれません。でも世間的にはセックスレスが普通だから、と自分をセーブしてセックスに誘えない、または長期間のセックスレスによってパートナーを誘いにくくなっていることもあるでしょう。

実際、ネットの相談サイトなどを見ていると、性欲はあるのに雰囲気的に妻を誘いにくい、なんて意見も多く見られます。当たり前だからとセックスレス状態を続けるのは危険。これだけは覚えておいてくださいね。

男性は時間の余裕から浮気をする

60代男性と言えば、定年退職を迎えて時間を持て余していますよね。今まで仕事に束縛されていた時間が一気に解放されるため、時間の使い方に困ってしまう方も多いようです。

そんな60代男性が余った時間に何をするかといえば、パチスロや競馬などが代表的なのですが、人によってはその時間を浮気に充てることも。そして、その原因を作っているのがセックスレス。

簡単に流れを説明するとセックスレスによって性欲が解消できず、雰囲気的に妻を誘うのは憚られ、時間があるので昼間から他の女性と肌を重ねるわけです。

先ほど60代男性は精力が尽きかけてくると言っておいてなんですが、これには個人差があり、中には60代でも性欲ビンビンな方がいます。あるアンケートでは60代男性の6割以上が「もっとセックスをしたい」と思っていると結果が出ています。

この数値に対してセックスレスの夫婦が多すぎるのが問題。もっとセックスしたいと思った時に妻で解消できればいいのですが、多くの場合にそれは叶わず他の女性という選択肢になるわけです。本当は妻とセックスしたいのに誘えない。そんな悲しい理由から浮気に走ることもありえます。

女性は寂しさから浮気をする

もっとセックスがしたいと思っている60代男性が6割以上いるのに対して、もっとセックスしたいと思う60代女性は1割から2割程度しか存在しません。そのため、セックスレスで性欲を解消できないために浮気に走ることはありません。

しかし、女性の場合は寂しさから浮気をすることがあるので注意しましょう。実はセックスというのは性欲解消の場と同時に、夫婦のコミュニケーションを深める特別な行為でもあるのです。

これが60代になって失われてしまうと、一緒にいる時間に対してコミュニケーションが減ってしまい、次第に会話も少なく、関係も何だか希薄になっていきます。これがなかなかにマズい状況。

多くの女性はそういった状況になると寂しさを覚え始めるのですが、やはり雰囲気などもあって夫を誘うことができません。そんな時に思いつくのが、手軽に寂しさを埋めてくれる相手、いわば浮気相手です。

今やネットを使えば女性を求める男性がポンポン見つかりますからね。これは60代でも同じこと。最近は出会い系に登録する高齢者の方も多いのです。

そんな浮気相手に、夫では味わえない新鮮なドキドキを覚えてしまうと、年甲斐もなく恋愛に本気になってしまうことも。最近は高齢者離婚が増えている事実。あなたも例外ではないかもしれませんよ。

60代のセックス事情と男女の差

ここからは60代男女のセックス事情について見ていきましょう。男性の方も女性の方もじっくり読んでいってくださいね。

60代男性のセックス事情

60代男性のセックス事情は個人差が激しいようですが、精力が枯れ果てて性欲が全くないという方は比較的少な目。若い方のように高くはないものの、それなりの性欲は残っているパターンがほとんどのようです。

ある企業の行ったアンケートによれば60代男性がパートナーとセックスをする回数は月に1回程度のようですが、なかなかに怪しいところ。ネットを見ていると60代でも性欲が尽きず、2日に1回はしないと気が済まないという方も存在します。

これに対して女性は60代になると閉経から性欲がほぼなくなりますからね。男性としては妻を誘うことができず、あり余った性欲を他の女性にぶつけることもしばしば。まぁ言ってしまえば浮気相手と性交渉するわけです。この時の浮気相手は自分よりも若い方が多め。性欲の観点から見て40代くらいが妥当だとよく言われます。

先ほども言ったように6割以上がもっとセックスをしたいと思っているわけですからね。その全員が欲望を抑えて我慢しているとは思えません。おそらく何かしらの方法でセックスをしているのでしょう。

60代女性のセックス事情

60代女性のセックス事情はいたってシンプル。ほとんどの方が閉経を迎えてしまうので、性欲はほぼ無い状態でセックスをしたいと思う方はほとんどいません。

ただ、中には50代や60代からセックスの真の楽しさに目覚め、そこからハマっていろいろなプレイに興じる方もいるようです。男性は性欲があるのに、女性は閉経で性欲がない。そのためにセックスレスが起きるわけですね。

とは言え、女性も寂しさから、愛を感じるためにセックスをしたいと思うことがあります。男性の頻度と比べれば少な目ですが、全く持ってセックスを拒んでいるわけではないのです。

ただ、何度も言うようにセックスレスの雰囲気はセックスを遠ざけます。60代女性をパートナーに持つ方は、恥ずかしがらずたまには妻をセックスに誘ってあげましょう。

まとめ

いかがでしたか。今回の内容を総括すると、60代のセックスレスは世間一般の常識だが、多くの男性はもっとセックスをしたいと思っている、そしてセックスが足りないと思えば時間に余裕があることから浮気に走る可能性が高い。

これに対して女性は寂しさから浮気をするといったところでしょうか。特に60代男性は環境の変化などから浮気に走りやすいので十分に注意しておきましょう。

浮気問題を円満に解決したい
離婚裁判で慰謝料請求をしたい
浮気問題を誰かに相談したい
子どもの為にも元の夫婦に戻りたい

© 2019 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.