1. HOME
  2. 浮気調査の方法、2名以上で尾行する理由

浮気調査の方法、2名以上で尾行する理由

浮気調査の方法、2名以上で尾行する理由

そもそもパートナーの浮気に気が付くのはどんな時でしょう?
男性であれば出張や残業が増えて休日出勤などで家を空ける機会が増えます。また突然趣味を持って毎休日に出かけることもあります。女性の場合には化粧や服装の趣味が変わり、家庭内では必要のないところにお金をかけ始め、夫の留守中に外出する機会が増えた時に不信感を持つはずです。今回はそんな浮気の事実を確認する探偵事務所の仕事についてご紹介します。

調査を依頼する前に

何気なく気が付くと身体に電気が走ったような衝撃があると思います。信頼関係が深ければ深いほど、確信に変わるまでに時間がかかり悩むことになります。意を決して誰かに相談しようにも、もしも違った時には取り返しのつかないことになりますし、本当だったとしても元通りに戻る自信はないと思います。

でも兆候が現れたらすぐに浮気調査専門の探偵事務所に調査を依頼すると、証拠をつかんで不倫をやめさせることができるかもしれません。そのまま放っておいたら浮気は進行して抜き差しならないほどになってしまいます。そうなると事態を収束する手段として、本来の生活を捨てて新しい人生を選択するかもしれないわけです。

ですから浮気の兆候が現れた時には、なるべく早く浮気調査に詳しい探偵事務所を訪ねて相談することをお勧めします。最悪の結果になるまでひとりで悶々と悩み苦しんでいても、なにも解決することはできず、かえって事態を悪化させることになります。

浮気調査専門の探偵事務所では無料で利用できる相談窓口を設置していて、カウンセラーを配置しているところが多いので、まずはホームページなどで、相談員がいるかを調べてみることから始めるといいでしょう。そこで自分の置かれている状況を説明し、客観的な事実を知らせます。

契約してから調査が開始される

探偵事務所では大まかな状況が分かったところで、さらに詳しく聞くために面談を行います。この時は客観的な事実を掘り下げることと、推測も含めた状況説明を聞くことになります。つまり浮気をしそうな日や相手についての心あたりなど、確定ではなくとも真実に近づく説明を受けます。

これで状況はつかめますので見積額を提示し調査費用の説明があります。もちろん探偵事務所によって違いはありますので、一律の料金にはなっていません。次に契約ですが、この時に調査期間や地理的範囲などを定めますので、それの日数や時間をオーバーした場合には追加の料金がないのが一般的です。

ここまでのポイントは相談することと見積りを出してもらうことの2点です。どちらも無料で行っている探偵事務所がありますので、まずはそこで相談と見積もりを依頼するといいでしょう。

浮気調査の方法

探偵事務所は依頼者の要望に合わせた調査をすることになりますので、無理強いしたり拒否するようなことはありません。ただし違法調査、つまり盗聴や盗撮などの法を犯すような調査は断るはずですが、それは公安委員会に登録している探偵事務所の責務でもあるので依頼を断るのは仕方のないことです。

浮気の調査はターゲットとなる調査対象者と浮気相手の2名の動きが重要になります。調査員は一般的に2名以上が必要となり、1名はターゲットを尾行し続け、1名は浮気相手の住所氏名を突きとめるために別れて尾行を開始します。

もし歩行時間が長いとか出口が複数あるラウンジなどを利用する場合には、ピッタリとマークすることになりますし、エレベーターで移動する時には顔を覚えられる可能性が高いので、複数人の調査員が必要となります。

この人数については当初の打ち合わせの時におよその行動範囲を聞きだし投下人数を決めますので問題はないはずです。また夜間の写真撮影の場合には暗視カメラが必要な場合もありますが、こちらも想定内で調査できるようにするために、事前の相談が重要になってきます。

調査結果を報告

探偵の調査結果は報告書にまとめられ1つのファイルとなることが一般的です。探偵事務所によってその様式は異なりますが、ターゲットの行動記録を分単位の時間でつけていきます。どこで誰と会ったのかが分かることで、浮気相手との行動以外まで把握していることで連続性が分かるわけです。

また証拠となるのは写真が一番分かりやすく、たとえ裁判になった時でも証拠品として提出できるものが添付されています。この辺のファイリングは、浮気調査に慣れている探偵事務所であれば、どこでもノウハウを持っていますので心配ないはずです。

依頼者として探偵の調査で重要なポイントは3点あります。
1点目は、浮気をしているパートナー(ターゲット)に調査をしていることがバレないことです。報告書を受け取った後で財産分与や慰謝料など何らかの行動を起こすには、それまで知られずにいることがスムーズに進めるポイントになります。

2点目は、調査は速やかに完了させる探偵事務所であることです。1ヶ月も2ヶ月もかかるようだと、平常心で同じ屋根の下に暮らしていることが難しくなってしまい、調査が完了する前に浮気に対する不満をぶつけてしまう恐れがあります。

3点目は、証拠の品は確実なものを用意できることです。写真を撮っていても不鮮明で人物特定ができないとか、デジタルカメラで撮影したために画像の改ざんを主張されるようでは役に立ちません。まして違法撮影でだと証拠として役に立たないどころか、反対に訴えられて刑事処分を受けることになってしまいます。

このように浮気調査に精通していないと、事実関係は分かってもせっかくの調査が証拠とはならず法的な理由づけにはならない場合があります。調査を依頼する時には信頼にたる探偵事務所なのかを見極めるのは依頼者にあるのですか、しっかりと情報を集めてまずは無料の相談窓口を訪ねてみましょう。

探偵比較

探偵比較ランキングはコチラ

© 2019 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.