1. HOME
  2. 妻の浮気妻の帰りが遅いのは浮気のサイン?仕事を理由に上司や同僚と不倫の可能性

妻の浮気

2016年10月31日

妻の帰りが遅いのは浮気のサイン?仕事を理由に上司や同僚と不倫の可能性

浮気をする妻

不倫をしている妻が不倫相手と出会った場所として圧倒的に多いのが、「職場」であることをご存知ですか? 妻の仕事が急に忙しくなったり帰りが遅くなったりしている場合は、仕事を理由に職場の上司や同僚と不倫をしている可能性があります。

仕事をしている女性は浮気しやすい

仕事をしている主婦200人を対象としたある調査では、約2割が「不倫経験あり」という結果が出ました。また、不倫経験者を対象にした別の調査では男性の4割、女性の6割が不倫相手と職場で出会ったと回答しています。

仕事をしている女性が浮気をしやすいと言われる理由のひとつに、時間的な制約の少なさがあります。一般的な専業主婦の場合、不倫相手と過ごす時間を夫に気づかれないように作るのであれば、夫が仕事に行っている間がメインとなり、時間的な制約が多くなってしまいますよね。

しかし、仕事をしている主婦の場合は、「残業で」、「休日出勤で」など仕事を理由にすることで、簡単に時間調整ができるのです。なかには「出張で」という理由で不倫旅行に出かける女性もいるんですよ。時間に融通をつけやすいため、仕事をしている主婦の方が不倫に費やす時間を作ることができるのです。

不倫相手と出会う機会も、当然専業主婦よりも仕事をしている主婦の方が多くなります。仕事をしていると、同僚をはじめ取引先や出入り業者などさまざまな男性との接点も多くなります。

特に、職場の上司や同僚とは、同じチームで一つの目標に向かって一緒にがんばったりすると親密度は非常に深まります。一緒に過ごす時間が長く、仕事上の愚痴や悩みを分かち合えるという点でも、不倫に発展しやすいと言えます。

残業や出張、飲み会の後などたまたま二人きりになってしまい、それが不倫に発展してしまったというケースもあります。仕事をしている妻は、いろいろなところに不倫のきっかけが転がっているのです。

妻が外でイキイキと働くのはとても素敵なことですし、多くのメリットもあるのかもしれません。しかし、その職場が不倫のきっかけになってしまうという重大な側面を持っていることも決して忘れてはいけません。

関連:浮気する女の特徴ランキング!夫や彼氏がいても平気で浮気する女達

妻がこんな職場なら要注意

ストレスが多い職場は、不倫が発生しやすい傾向があります。特に、大規模な医療施設や介護施設のように、人間の生死にかかわる職場では精神的なストレスが溜まりやすく、人の死に直面する機会が多いことから生存欲求が高まるとも言われています。

ストレスと生存欲求が組み合わされると、性欲が強まってしまうことがあるため、身近にいる職場の上司や同僚と浮気に走ってしまう可能性があるのです。医療施設や介護施設だけでなく、ストレスの多い職場で妻が働いている場合は、非日常的行為への欲求が強くなってしまいます。ストレスから浮気に走ってしまわないよう注意が必要です。

女性の割合が多い職場も実は不倫が多いと言われています。コールセンターやファッション関連のお店などで働く男性は、ある程度の地位があり、多くの女性をまとめる力もあり、とても魅力的に見えます。男性社員が少ないこともあり、そういった男性上司に憧れを抱く女性社員は多いものです。競争意識の強い女性社会では、「ライバルよりも気に入られたい」という心理も働き、一生懸命男性社員に近づくうちに不倫に発展することがあります。

また、職場の仲間やライバルから「不倫を楽しんでいる」なんていう話を聞くと、正常な判断力を失ってしまい、「みんなやっていること」と不倫へのハードルが下がってしまうこともあります。職場の同僚と張り合っているような様子が見られないか、どんな同僚と仲良くしているのかなど、日ごろの会話からある程度把握しておくと良いですね。女性が多い会社だから浮気の心配はない、というわけではないんですよ。

関連:看護師は浮気する!医師との不倫やストレス解消の浮気は日常茶飯事

仕事の帰りが遅くなったら要注意

仕事をしている主婦が不倫相手に会うとしたら、仕事が終わった後になりますよね。そうすると帰宅時間が遅くなってしまうため、「残業」や「飲み会」が増えるのです。妻の帰宅時間が急に遅くなったり、飲み会が増えたりしたら、妻は仕事を理由に浮気をしている可能性がありますよ。もしかしたら仕事帰りに不倫相手とデートをしたりホテルに行ったりしているかもしれません。

当然、残業や飲み会が急に増えたからといって、必ずしも浮気をしているとは限りません。本当に仕事が忙しくなっている場合だってもちろんあります。もしも妻が浮気をしているのであれば、仕事の帰りが遅くなる以外にも、頻繁に携帯を触るようになったり、メイクや服装や下着が変わったりと、いろいろな点で少しずつ変化が見られるはずです。妻の仕事の帰りが遅くなったな、と感じたら、妻の言動に怪しい点がないかさりげなくチェックしてみましょう。

関連:妻の怪しい行動に気づいたときの対処法!浮気のサインを見逃さないで!

女性の浮気はキケン

男性は同時に何人もの人を愛することができますが、女性は基本的に一度に1人の人しか愛することができません。つまり、男性が浮気をしても、「浮気=遊び」であることがほとんどですが、女性が浮気をしたときは本気である可能性が大きいのです。女性はいつまでも「女性」として認められたいと思っています。夫以外の男性から女性として求められると、それだけで心が揺らいでしまうことだってあるのです。

妻が浮気相手に本気になってしまった時は、浮気相手に突っ走ってしまいます。妻が浮気をしているようであれば、妻の本気度が深まらないうちに対処しなければ、夫婦関係の修復は難しくなるでしょう。最悪の場合、離婚の覚悟が必要になるかもしれません。男性の浮気よりも女性の浮気の方がキケンなのです。

妻の浮気に気づいても早まった行動をしないで!

妻の浮気の疑いを持ったとき、LINEやメールの履歴などから妻の浮気の証拠をつかもうとしがちです。しかし、離婚時に不貞行為と認められるためには、浮気相手と肉体関係があったという証拠が必要となります。そういった証拠はLINEやメールからはなかなか見つかりませんよね。

また、LINEやメールで浮気を知ってしまったとき、あなたは冷静でいられますか?感情的に妻を責めたてたり問い詰めたりしてしまうと、夫婦関係の修復は難しくなってしまいます。浮気を疑った行動をとられた妻は、あなたに腹を立て離婚を言い出してくるかもしれません。

冷静さを欠いて早まった行動をしてしまうと、真実があやふやなまま時間が経ってしまったり、浮気をされた被害者であるあなたが損をする離婚になってしまう可能性があります。ならないために、専門家にお任せするのも一つの方法です。不貞行為の証拠をしっかりと押さえてもらうとともに、専門家に相談してアドバイスをもらいましょう。

最後に

女性はいつまでも恋愛をしていたい生き物です。できることなら、いつまでも夫に恋していたいんです。しかし、結婚して時間が経つと「女」として扱われることが減り、子どもが生まれると「母親」としてしか扱われなくなった、という人は多いですよね。

そんな中で自分のことを「女」として扱ってくれる男性が現れたら、その人に恋をしてしまうのです。そうならないためにも、妻をいつまでも「女」として扱うことが、妻の浮気を防ぐ最大の方法です。

そして、仕事の帰りが遅くなる、飲み会が急激に増える、など妻が仕事を理由に浮気をしているような兆候が見られたら、早めに対処することをおすすめします。

浮気問題を円満に解決したい
離婚裁判で慰謝料請求をしたい
浮気問題を誰かに相談したい
子どもの為にも元の夫婦に戻りたい

© 2017 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.