1. HOME
  2. 妻の浮気40代はセックスレスからの浮気が増える?40代のSEX事情と男女の差

妻の浮気

2016年09月27日

40代はセックスレスからの浮気が増える?40代のSEX事情と男女の差

セックスレスの40代夫婦

仕事的にも安定してきて良くも悪くも平穏な日常がやってくる40代。そんな40代というタイミングは浮気の転換期とでもいうのでしょうか。セックスレスからの浮気が増えてくるタイミングなのです。気になる方も多いと思うので今回はそのあたりについてじっくり説明してみましょう。

セックスレスに関連する記事

40代夫婦とセックスレス

まずは40代夫婦のセックスレス事情を見ていきましょう。そもそもセックスレスというのは1ヶ月ほど性交渉がない状態のことで、歳と共に増加する傾向にあると言われています。

40代のセックスレス率は50%を超える数値となっていて、半分以上の夫婦が1ヶ月以上、夜の営みがない状態。30代前半だと20から30%程度、30代後半でも40%程度で、40代からガツンとセックスレスが増えていることが分かります。

これには夫側の性欲の減退や子供が出来たこと、セックスのマンネリ化など様々な理由が関係していると思われます。セックスレス状態でも仲良く何もトラブルなく、夫婦円満で暮らしていければいいのですが、実はセックスレスに陥ると、そこからの浮気が非常に増える傾向にあるのです。

セックスというのは性欲を解消するだけでなく、夫婦のコミュニケーションの場でもありますからね。それが失われれば夫や妻が浮気しても何らおかしくないでしょう。

セックスレスから浮気は増える!

セックスレスに陥れば確実と言っていいほど浮気は増えます。先ほども言ったようにセックスによってコミュニケーションをとることで夫婦の絆が深まります。

セックスの場以外に夫婦の仲を深めるタイミングをしっかり作り、上手く付き合っていけている夫婦のいいのですが、おそらく多くの夫婦はそんな風に上手くはいっていないでしょう。

40代くらいだと働き盛りですからね。夫の仕事が忙しくてなかなか時間がとれないことも多いと思います。そんな中での貴重なコミュニケーションの場、ようはセックスが失われれば嫌でも夫婦の間には距離ができてきます。

心から愛し合っているし大丈夫だろう、なんて思っていてもセックスレスが長く続けば愛は自然に失われていくもの。それに、そんな思いを抱いているのは片方だけで、パートナーはすっかり冷めてしまっているかもしれません。

さて、少し前置きが長くなりましたね。結局のところ何が言いたいかといえば、セックスレスというのは確実にパートナーに対する愛を奪っていくもので、愛を失った妻や夫は次第に浮気に走り始めるということです。

人間が寂しいと感じたとき、その穴を埋めてくれるのは異性なことが大半。パートナーとセックスレスで関係が希薄になれば他の異性と関係を持とうと思うのは当然のことです。これは男女ともに同じこと。性別が違っても寂しいという気持ちは共通です。

セックスに誘いにくくて浮気?

セックスレスが長く続くと、どうしても相手のことをセックスに誘いにくくなってきます。久々にセックスで思いっきり性欲を解消したいが、相手に断られるのが怖かったり、何となく気まずさが募って誘えなかったり。

そんな風になると、いっそ気軽に誘える相手で性欲を解消しよう、なんて思い始めます。これも男女ともに同じことですが、わりと男性の方がこの傾向が強いかもしれません。女性に比べると男性は性欲を我慢できない生き物ですからね。

そして、そんなセックスだけの関係を続けるうちに愛が芽生えていき、それに反比例するかのようにパートナーに対する愛が薄れていき、最終的には浮気相手とゴールイン。少し極端なものの、こういったパターンもあることは覚えておきましょう。

夫は女を求めて浮気をする

40代ともなれば子供が既にいる夫婦も多いでしょう。家庭によっては何人も子供がいて賑やかな状態だと思います。子供がワイワイガヤガヤ、夫は新聞を読みつつ、妻が料理を用意する。

とても素敵な家族生活だとは思うのですが、このような環境になると夫は妻を女として見られなくなります。ようは「お母さん」というステータスになってしまうわけですね。

そこからセックスをする気が起きなくなりセックスレスに。しかし夫は女との肉体関係を求めて浮気。自分勝手な考え方なのは確かですが、こういった浮気パターンがあるのは事実。セックスレスのパターンのひとつとして、夫が断るケースもあることを覚えておきましょう。

40代男性のセックス事情

ここからは40代の男女のセックス事情を紹介していきましょう。男女によって差があるので別々に、まずは男性の方から見ていきたいと思います。男性の性欲というのは20代をピークにして、そこから徐々に低下していくと言われています。

そのため、20代よりも30代、30代よりも40代の方がセックスに対する意欲が低下。年齢と共にセックスを求めなくなってくるのです。ただ、一概にこのパターンが当てはまるかと言われると微妙なところ。

30代のころはストレスが多かったのが落ち着いてきて、40代になって性欲が急に旺盛になることもあるようです。とは言え、20代のころのようにガツガツとセックスを求めることは少ないでしょう。

また、40代になるとセックスに対する取り組み方が変わってきます。20代や30代、若いころのセックスというのは言ってしまえば性欲解消だけを目的としたもので、雰囲気も何もありません。

これに対して40代男性は性欲は衰えてくるものの、長年のセックス経験から楽しみ方を熟知していますし、若いころのような焦りがないのでセックスで相手との愛を深めようとします。

だからこそ、40代のセックスレスは危険なのです。妻にセックスを拒否され続けた夫が他の女性と関係を持ち、愛を深めるような大人のセックスを行う。回数を重ねれば当然ながら浮気相手への愛が強くなっていき、最終的にはパートナーがいようがお構いなし。40代で離婚の危機、というケースもありえるでしょう。

40代女性のセックス事情

次の女性サイドのセックス事情も見ていきましょう。実は40代女性にはセックスに関する大きな変化が生まれます。というのも、女性は40代くらいになってくると性欲が旺盛になってくるのです。

男性のイメージから若いころの方が性欲は強いものと勘違いしている方も多いようですが、女性のピークは40代を超えてから、なんてことも珍しくありません。そのため、同年代の夫婦だと性欲が釣り合わないことが多いんですよね。

この辺りは神様がもう少しうまく調整してくれればよかったのにと思います。話がそれました。ようは性欲が増えてくる40代女性と性欲が減退してくる40代男性では性欲が釣り合わないことがしばしば。そのため、妻が誘っても夫にセックスを断られてしまうことも多めです。

先ほど紹介した女性に見られないという事情も含まれているのでしょう。そんな風に妻の誘いを断っていれば、妻の性欲は日に日に蓄積されていき、どこかで解消したいと思い始めます。この時、男性のようにオナニーで解消できればいいのですが、女性の場合はあまりオナニーをしません。

異性との関係で性欲の解消を、と思うことも多く夫がダメなら別の相手を探し始めることも。専業主婦であれば時間が有り余っていますし、最近はネットで簡単に相手を探せますからね。浮気に走るのは時間の問題でしょう。

男性の方は妻も性欲がなくなっているはずだ、なんて思わずに、時には夫側から誘ってあげてくださいね。セックスレスの解消が夫婦円満に繋がることも多いですよ。

浮気問題を円満に解決したい
離婚裁判で慰謝料請求をしたい
浮気問題を誰かに相談したい
子どもの為にも元の夫婦に戻りたい

© 2019 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.