1. HOME
  2. SNS浮気LINEで夫や妻の浮気を見抜くには?探偵も知っているラインの浮気調査方法

SNS浮気

2016年11月05日

LINEで夫や妻の浮気を見抜くには?探偵も知っているラインの浮気調査方法

LINEをする男性

離婚率が3割右肩上がりとなっている現在、浮気問題を抱えるカップルも増えています。その背景には、LINEの普及が関係しているのではないかと言われています。

LINEは登録することで無料でやりとりができるアプリです。Facebookやアドレス帳と連動することで、自動的に友達登録がされるなど、より便利にコミュニケーションが取れるようになりました。

また、友達検索機能やID検索機能によって、顔も知らない相手知り合ったり、交流をしたりすることが可能になりました。これによって異性と関わりやすくなり、浮気をするきっかけも増えることになりました。

浮気でLINEを使う理由

連絡手段は浮気をする上でとても重要なアイテムです。浮気をしている人の多くは、通常のメールや電話ではなくLINEを使う人が増えています。
その理由とは何なのでしょうか?

メールも電話も無料だから

浮気がばれる理由のひとつに、通話料や通信量が高くなってしまうことがあげられます。パートナーに内緒で浮気相手と連絡をとっていると、いつの間にか携帯電話やスマートフォンの使用量が倍以上になってしまっていた、とうことがあると、そこから浮気がばれる可能性があります。

しかし、LINEならインターネットさえ繋がっていれば、どんなに利用しても、使用量が高くなることはありません。通信料の心配をすることなくやり取りができるので、LINEを選んでいる人が多いのです。

IDや電話番号検索で簡単に出会えるから

だれか異性と知り合いたいというときにも、LINEは便利です。LINEには、IDや電話番号から利用者を検索することができる機能があります。つまり、適当に使われていそうなIDや電話番号を入力することで、異性を探し出すことも出来るのです。

身近に浮気出来そうな人がいない場合に、LINEで検索して異性と知り合うという手口が、このように、最近非常に良く使われているのです。

パスコードでロックができるから

スマートフォンのホームの画面をロックする方法は、浮気をしている人なら必ずしている手段といえます。しかし、スマートフォンのロックだけではすぐに解除されてしまう可能性もあります。そんなときにLINEなら、LINEのアプリを起動するためのロックをかけることができます。

スマートフォンのロックとLINEのロックという二重のロックをかけることで、よりパートナーに浮気がばれることを防ぐことができるのです。

ニックネームで登録できるからばれづらい

通常のメールや電話の場合、メールアドレスや名前などから相手が女性かどうかがばれる可能性があります。しかし、LINEはニックネームで登録されるため、やり取りをしているのが異性であることがばれにくいというメリットもあります。

また、相手の素性がわかりにくいため、仮に浮気をしていることがばれたとしても、その浮気相手がどのような人物なのかを知られにくい点も、浮気をしている人にとってメリットとなるようです。

こんな様子を見せるときは要注意!

相手が浮気をしているのではないか?と不信に思ったときは、まずはLINEを受信したときの様子をチェックしてみましょう。

LINEでメッセージがきたときに、すぐに画面を確認しようとしない場合や、その場でLINEを開こうとしない場合は、あなたの前でLINEをみるのをためらっている、つまりあなたに後ろめたい内容のLINEをしていると考えられます。

さらに、LINEのメッセージが来たときに画面を隠すようなそぶりを見せた場合には、浮気は黒だと思っても良いでしょう。

浮気している人がLINEで使う手口

LINEは、浮気相手とのやりとりをする際にとても便利なアイテムであり、多くの人が使っています。それでは、LINEを浮気に活用している人は、実際にどのようにLINEを使っているのでしょうか?

以下のようなLINEの使い方をしている人は、浮気をしている可能性があります。もしもパートナーがこのような使い方をしている場合は、何かやましいことをしていると思った方が良いかもしれません。

LINEのアプリにパスコードを設定

浮気をしている人のほとんどが、スマートフォン本体だけでなく、LINEのアプリにパスコードを設定し、正しいパスコードが入力されないとLINEの中身が見られないようになっています。

こうして二重のロックをかけることで、パートナーからこっそりとスマートフォンをチェックされたときにも安心できるのです。

ポップアップ設定がされていない

LINEは、メッセージを受信すると待ちうけ画面にメッセージ受信通知とメッセージの一部が表示されるようになっています。

浮気をしている人は、受信通知が表示されることで浮気相手とのやりとりをパートナーにみられてしまう恐れがあるため、LINEの設定画面から変更しているケースがほとんどです。

「メッセージが届きました」という表示がされるだけであったり、メッセージが届いたこと自体、LINEのアプリを開かなければわからないような設定になっている場合は、浮気ををしている可能性が高いといえます。

通知音がしない

LINEは、メッセージを受信したり通話受信したりした場合に、通知音がしたり、バイブで受信を伝えたりするようになっています。しかし、浮気相手と頻繁にやり取りをしている人の場合、通知音でパートナーに怪しまれる恐れがあるため、通知音がしないように設定している可能性があります。

これまでは友達などと定期的にLINEでやりとりをしていたのに、最近は不自然なくらいLINEの受信音がしない、という場合には、通知音自体を消している可能性があります。そのような設定にしているのは、パートナーにLINEのメッセージ受信に気づかれたくないと思っている可能性があります。

友達を非表示にしている

LINEは、友達を非表示にすることができます。そうすることで、通常のトークをすることはできますが、友達リストに表示されなくなります。つまり、浮気相手を友達リストから見えないようにしながら、やり取りをすることができるということです。

パートナーからLINEの中身を見られてしまった場合に、友達リストから浮気相手自体を非表示にしてしまえば、浮気を怪しまれる可能性が少なくなりということです。

LINEで浮気をしているか見破る裏技

LINEは、他の連絡手段と比べて、浮気相手と隠れてやりとりがしやすい手段です。LINEを使えば、浮気相手とのやりとりを探ることはできないのではないか?と思うかもしれません。

しかし、LINEを使って浮気相手とやり取りをしていることを見破る方法があります。パートナーがLINEを使って浮気をしている可能性がある場合には、以下の方法でLINEの中身をチェックしてみましょう。

PCからログイン

LINEは、スマートフォンだけでなくPCからもログインすることができます。パートナーのLINEIDを使って、自宅のPCからログインしてみましょう。そうすることで、相手のスマートフォンに触れることなく中身を確認することができます。

しかし、この方法をとる際に注意することがあります。それは、いつも使っているスマートフォン以外のPCなどからログインをすると、「LINE」という名前のアカウントから、他の端末からのログインがあったことをトークへ通知がくる点です。

これは、LINEアカウントの乗っ取りなどを防止するためのセキュリティ対策のひとつですが、これによってPCから中身を覗いたことがばれてしまう可能性があるため、要注意です。

通知画面でLINEの内容をみる

スマートフォンの通知画面からLINEのメッセージを確認することもできます。ホーム画面で上から下にスワイプさせると、通知画面が表示されます。そこにアプリからの通知も表示されるため、そこからLINEの通知をみることができます。

この画面ではメッセージ内容の一部をみることができるので、浮気の証拠を見つけることも出来るかもしれません。この画面から内容をチェックしても、既読マークがつかないため、安全に浮気チェックをすることができます。

「アルバム」「ノート」をチェック

LINEには、トークや通話だけでなく、写真を保存しておける「アルバム」という機能や、メモなどを残しておける「ノート」という機能があります。
仮に浮気相手とのトーク内容を削除している場合でも、アルバムやノートの内容はそのままになっている可能性が高いです。

浮気相手と思われる名前をクリックしてトーク画面を開いて、そこからアルバムやノートをチェックしましょう。もしかしたら、浮気相手との思い出のアルバムなどが残っている可能性もあります。

個別通知をオフにしている友達がいるかどうかを確認

LINEは、メッセージを受信したり通話受信したりした場合に、着信音などで通知をします。この着信音は、個別に音を変えたり、まったく音がしない状態にしたりすることができます。

浮気相手とのやりとりなど、周りの人に受信を察知されたくない場合には、通知を個別にオフにしている可能性があります。他の人は通知をそのままにしていあるのに、一人だけ通知がオフになっている場合には、その人とあやしい関係になっている可能性があります。

購入した有料スタンプをチェックする

LINEは、スタンプ機能があります。このスタンプ機能から浮気を見つけることもできます。あなたとのトークではスタンプを全然使っていないのに、かわいいスタンプやラブラブなスタンプが有料で手に入れられている場合には、そのようなスタンプを浮気相手に使っている可能性が高いといえます。

LINEアカウントを複数持っていないかどうか確認する

スマートフォンを2台持っている人や、スマートフォン以外にiPadなどを持っている人の場合、LINEのアカウントを複数持っている可能性もあります。
アカウントを2つ持っていれば、浮気専用のアカウントと、ノーマルのアカウントで使い分けることができます。

パートナーが会社のパソコンやスマートフォンを持っている場合は、この方法で浮気相手と平然とやりとりをしているケースも多々あるため、一度確認をしてみた方が良いでしょう。

クローンiphoneを作成する

クローンiphoneとは、相手のiphoneとまったく同じアカウント・アプリ・情報を持ったiphoneのコピーです。クローンiphoneを作ることで、LINEの中身をより安全・簡単に見ることができます。

相手のiphoneに届いたメッセージやトークは、クローンのiphoneにも送られる仕組みとなるため、自由に中身をみることができます。

クローンiphoneを作る方法はとても簡単。まずはパートナーのiphoneをiTunesで「暗号化したバックアップ」をします。その後別の[phoneで「暗号化したバックアップ」のデータを下に復元することで、個人アカウントもそのまま復元されるため、ほの完全にコピーのiphoneができてしまうのです。

LINEのトーク履歴をバックアップして確認する

LINEには、トーク履歴をバックアップして保存しておける機能があります。これを使えば、浮気相手とのやりとりをすべてバックアップすることができるため、あとでパソコンなどでゆっくりと確認することができます。

まず、バックアップしたいトークの画面を開いて、トーク履歴をバックアップをタップすることで、バックアップができます。バックアップされた内容は、テキストファイルとして作成されるので、そのファイルをパソコンなどにメールで送ります。

ゆっくりと携帯を見るのは落ち着いてチェックができませんが、この方法を使えば、落ち着いて浮気の証拠を見つけることができます。LINEの中身を調べていることが相手にばれないように、ファイルを送信したメールは、送信フォルダーとゴミ箱から削除しておくようにしましょう。

機内モードを有効活用

浮気相手からLINEのメッセージが来ていて、それを確認したい場合もあると思います。しかしまだ一度もメッセージをみていな状態で、内容を確認してしまうと、「既読」マークがついてしまうため、LINEを見たことがばれてしまいます。

未読のメッセージをばれずに確認するためには、機内モードを活用すると良いでしょう。機内モードとは、一時的にインターネットに繋がらないようにする方法です。方法は簡単で、スマートフォンの設定画面から機内モードに設定してから、メッセージを見るだけです。

メッセージをチェックした後は、LINEのアプリを完全に閉じてから機内モードを解除します。そうすることで、既読マークがつきません。ただし、一部の端末ではこの方法が使えないため、パートナーのスマートフォンが使用できるかどうかしっかりと確認してから実践するようにしましょう。

まとめ

遠くにいる人と簡単にやりとりをすることができるようになり、浮気もより気軽にできるようになりました。パートナーが浮気をしているのではないか?と思ったら、これらのような方法でLINEをチェックすることで、浮気を見つけることができるかもしれません。

SNSで浮気発見
浮気問題を早期解決する方法

© 2018 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.