1. HOME
  2. SNS浮気単身赴任中の浮気!就寝中LINEで電話が!直談判した相手もバツイチ子持ち

SNS浮気

2015年05月12日

単身赴任中の浮気!就寝中LINEで電話が!直談判した相手もバツイチ子持ち

腕を伸ばす女性

主人とは学生の頃からの付き合いです。お互い一人暮らしも経験せず、20代前半に結婚しました。子どもを2人授かり、結婚して8。ささやかな毎日ですが、とても幸せでした。そんな中、1年間主人が単身赴任になりました。希望すれば家族も一緒に着いて行けましたが、期間が決まっている(あくまで転勤ではないという)こと、家を買って居ること、上の子が小学校入学を控えていたこと、私も仕事をしていることを踏まえ、主人には単身赴任という形を選んで貰いました。

初めての一人暮らしですし、案外寂しがり屋な面も持っている主人なので正直最初から各方面での不安はありました。距離もあるので1、2ヶ月に一度連休をとって帰省するような生活をして、ほぼ半年。お盆休みで帰省している時のことでした。夏ですので、一部屋に家族四人まとまって雑魚寝状態でクーラーを効かせて眠るようにしているのですが、その日は主人が既に子どもたちと寝てしまっていました。

私も家事を済ませ、布団に入ってしばらくすると主人のスマホが震えました。LINEの通知画面だったのですが、見てくださいと言わんばかりに表向きだったため見えてしまったのです。-知らない女性の名前が。呼吸の仕方を忘れてしまいそうになりました。鼓動が早くなり、衝動を抑えることができません。主人は一度寝たらなかなか起きないので、通知音にも気がつかず…。私は、主人のスマホを見ました。

どうやらトーク履歴は消していたようで見られませんでしたが、きっとLINEのIDを交換する前だったのでしょうか。メールが残っていました。しかし、既婚だと言うことも子どもがいることも相手に伝えているよう(地域別のメル友募集BBSに書いていました。そこから知り合った模様)でした。ただのメル友のようなゆるい会話しか発見できず…。しかし、主人と一緒に赴任した同僚も同じアパート内に数名いおりますし、ただ話し相手を探しているわけではないのだろうと推測しました。そこで、私は主人になりすまし、返信しました。まだ起きてる?との内容にだったので、起きてるよ。と。返信は早く「早く帰っておいでよ~(;;)」と…その後数回やりとりをして、相手から「早く会いたい」との言葉が出た瞬間怒りが収まらず、主人を叩き起こし問い詰めました。

夜中までの話し合いの結果、目の前で相手に電話をさせ今後の連絡を取らないということになりました。相手も子持ち(バツイチシングル)だというから驚きです。うちの子と変わらないぐらいの子が居て、男を探す暇があるの…と正直呆れました。もちろん、うちの主人も悪いので口には出しませんが。主人は会ったことはないと言っていましたが、信じていません。会ったことない人が「会いたい」なんて言うのかな?と…でも本人曰く、お盆が終わった後に日程を合わせ会おうとしていたそうです。その分電話は毎日のようにしていたみたいですが…二人が実際どこまでの関係だったかは確かめようがありません。真実は闇の中です。今だって隠れて連絡をとっているかもしれません。正直、私の傷は一生癒えないと思います。時間をかけて誤魔化していくしかないのです。本人にはどんなに軽い「出来心」だったとしても…。

好きに遊びたいなら離婚してからにしてください。初めての一人暮らしで思うところもあるんでしょう。でも、自分が遊びたい、寂しいで家族を裏切って良い理由にはならない。今後子どもたちにどんな顔向けるの?償っていくか別れるかは自分で決めて。最低です。私は一生許す気はないです。と冷たく放った私に驚いたのでしょう。今まで毎日尽くしてきましたから。ずっと謝り倒していました。

謝ったって許されないことをしたのは自分なのに。謝るくらいならしなければいいのに。絶対にばれない様に気を回せないならやらないでほしかった、と未だにふとした時に思い出し、憤り、主人にばれないように泣いています。浅はかかもしれませんが、私たちは再構築を選びました。一度した人はまた絶対にする。と良く聞きますが、実際そうかもしれません。同じくらいの時間をかけ、また夫婦になっていくしかないのです。ネットが普及し、手軽に人と繋がれるようになったことで、こうしたトラブルも増えていると思います。手軽だからこそ、既婚者ならば尚更、考えて行動して欲しいものですね。”

SNSで浮気発見
浮気問題を早期解決する方法

© 2019 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.