1. HOME
  2. 夫の浮気夫がそっけない!愛情が感じられない冷たい態度は浮気の兆候?

夫の浮気

2016年10月28日

夫がそっけない!愛情が感じられない冷たい態度は浮気の兆候?

夫の浮気を疑う妻

最近夫の態度がそっけない、まともに会話が成立しない、家にあまりいない、そんな事が続けば当然奥さんは不安になります。浮気をしているから態度が冷たくなったのではないか?と思うのは当然でしょう。

実際の話、浮気をしている男性は妻に対して大体大別して2種類の行動を取るようです。妻から距離を取るか、逆に妻に今までにないほど優しく接するようになるかです。これは浮気をしている男性に罪悪感がある為です。

浮気をしたら夫は冷たくなる?

浮気をして妻に冷たくなる男性は確かにいます。最初の頃は自分が浮気をしている事を妻に悟られたくないという気持ちと、うしろめたい気持ち、そして自分が浮気をした責任を妻に押し付けようと考える無意識の心の働きとして、妻は悪妻だと思い込む事で自分を正当化しようとする気持ちなどがあるためです。

ただし、浮気が長期に渡った場合、段々と気持ちが相手の方に傾いてしまうと、今度は家庭から気持ちが離れてしまい、妻への態度がそっけなくなって来ます。妻に対して愛情が感じられなくなったり、家庭に安らぎを感じる事が出来なくなってしまう場合があり、このタイプの浮気になるともはや取り返しがつきません。

いきなり冷たくなったのなら、それは浮気の初期の段階である事が疑われます。序盤は夫も自分が悪い事をしている、妻を裏切っているという気持ちがあるので、必要以上に妻に冷たい態度を取りはじめます。この段階でなるべく早めに浮気をきちんと確認しておく事が大切です。

関連:浮気する男の特徴ランキング!妻や彼女がいても平気で浮気する男達

浮気でなくても夫は冷たくなる?

浮気をしていないのに夫が冷たくなるとしたらそれはどういう状況でしょうか。1つには妻に対して怒りを持っているという可能性があります。妻に自覚が無くても、夫にとって大切な物を傷付けたしまった。という場合、夫は急激に妻に対する愛情を失います。

妻に理解出来ない夫の趣味や、夫が内心気にしている事、そういった物に家族の気安さで無遠慮に触れてしまうと、夫の逆鱗に触れてしまう事があるのです。口下手な男性の場合、その時は妻に強く文句は言わなくても、後々段々怒りがこみ上げてきて、妻が許せなくなる事もあります。

それは妻にとっては全く悪気もなにもない、むしろ親切心から行った事かもしれません。しかし、夫にとっては決して許せないものの場合があります。この場合は早めに話し合う必要があります。

放置していると傷口は広がるばかりになるので、優しく理由を確認して、知らずに夫を傷付けていたなら心から謝るべきでしょう。

もし浮気をしていたら

想定するのも辛いでしょうが、夫が冷たくなった、もしかしたら浮気?と思ってしまう場合、実際に浮気をしているパターンはかなり多いようです。そして夫が浮気をしていると思って指摘したら逆に怒鳴られた。その後ますます家に帰って来なくなったという事が起こったりします。

夫が浮気をしていると仮定して、その対処を夫の浮気の状態と合わせて考えてみましょう。浮気をする男性というのは他人に認められたいという気持ちが強いので、その逆の、自分の非をなじられるのをとても苦痛と感じます。その気持を刺激しすぎるのも危険です。

いきなり問い詰めない

夫が冷たい場合に浮気を疑って問い詰めたとします。もし本当に浮気をしている場合、夫は逆ギレしてしまう事がかなり多いのです。男性は自分が悪いと認めるのが嫌なので、妻の悪い所などを挙げて逆襲に出るパターンが多く見受けられます。こうなると夫婦間は修復不可能になってしまいます。

もし夫の浮気を疑っても、まずは夫が浮気をしている証拠を集めましょう。証拠無しで問い詰めても夫は疑った妻を自分の中で悪者にしてしまい、自らを被害者の立場にしようとします。完全に証拠があったとしても、浮気をするのは妻のせいのような事を言い出す事もあります。

出来るだけお互い冷静に、事実だけを元に話し合いを行いましょう。理論整然と話をしても逆ギレする場合は逆ギレするので、そこは覚悟しておいた方が良いでしょう。もし上手く話をする自信が無いのなら、専門機関で相談してみるのも1つの手段です。

家庭のせいにさせない

夫が急に冷たくなって浮気が疑われる場合は、問い詰めるよりも逆に優しく対応してみてはいかがでしょうか。家庭が安らぎの場であり、妻が夫を労ってくれるという状態なら、夫は浮気の責任を妻や家庭に向けられません。

美味しい物を作るから早く帰って来て欲しいとか、仕事でどんな事があったのかなど、日常的にそれとなくお互いの交流を深めておくのも良いでしょう。そういう下地が整っていれば、妻が夫に仕事の予定を聞いたり、他所で食べて来た場合に内容を確認したりしてもおかしくありません。

浮気が発覚した場合に、妻や家庭のせいにさせないように、上手に立ち回るのも家庭や自分を守るには有効です。夫の浮気の罪悪感は夫が自分自身で感じれば良い事であって、妻や家庭に飛び火させられてはつまらないですよね。

それに罪悪感が高まれば夫が自分からボロを出しやすくなります。もし浮気をしていなかったとしても、夫は妻に優しくしてもらえるのですから良い事だらけで何も問題ありません。

浮気相手の方に心が傾いているなら離婚の覚悟も

本格的に夫の態度がよそよそしくなり、家にいるのがつまらない様子になり、あまり家に帰らなくなってしまった。そんな時は夫の心が浮気相手の方に大きく傾いている可能性があります。

この段階になると、夫は暴力的な感じではなく、まるで他人のようなそぶりになって来る事が多いようです。心の距離を強く感じた場合、夫はもう家庭よりも別の相手との生活を選んでしまっている可能性があります。

ほとんど別居状態になってしまっていても籍だけは夫婦という事になると、自分も相手も辛いばかりです。このような段階に至らないためには、早めに浮気の実体を知る必要があります。

夫の本気度や、相手の本気度を知っておき、妻としても心の準備をする時間を作りましょう。具体的な浮気の実体が分かると、相手に対する欲求も出しやすくなります。辛い事ですが、愛が枯れ果ててしまう場合もあるのです。

関連:夫の不倫は体だけが目的だと思っていたら大間違い!遊びが本気になる前に

元々浮気性で妻は家の管理人

結婚するまでは気付かなかった、あるいは結婚前も浮気をしていたけれど、結婚したら止めると言っていたなどという、本来浮気性の相手の場合、そもそもが家庭は寝に帰る場所という認識の男性もいます。

そうなると妻はただの家庭を管理する管理人で、恋愛対象と言うよりも都合の良い女と認識されているかもしれません。結婚するまでは優しかったけれど、結婚してから途端に冷たくなったというパターンに多い男性タイプです。

こういったタイプの男性の場合、浮気癖が改まる事はありません。諦めて都合の良い妻という役割を続けるか、浮気の証拠を突き付けて早々に結婚を解消するかを選んだ方が良いでしょう。

浮気をしている時に優しくなる夫も

浮気をして冷たくなる夫ばかりではありません。中には逆に浮気の罪悪感から妻に優しくなる夫もいます。なんだか最近夫が優しいと喜んでいたら実は浮気を隠すためだったなどと言う事があるのです。

どちらにしても急に態度が変化した場合には何か大きな心境の変化があったと見るべきでしょう。妻に対する態度だけでなく、会社からの帰りが遅かったり、週末に出掛ける事が増えたりと、家から離れる機会が増えているかどうかも大きなサインと言えます。

夫の浮気を察知するにはこういった夫の変化をいち早く気付く事が大切です。浮気もまだちょっとした出来心の段階ならまだ家庭に気持ちが戻って来る可能性があります。なるべく早く傷の浅い内に浮気を確認出来るようにしておいた方が良いでしょう。

浮気問題を円満に解決したい
離婚裁判で慰謝料請求をしたい
浮気問題を誰かに相談したい
子どもの為にも元の夫婦に戻りたい

© 2019 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.