1. HOME
  2. 夫の浮気夫の風俗通いを止めさせたい!風俗は許すという人もいるけど私は許せない

夫の浮気

2016年07月11日

夫の風俗通いを止めさせたい!風俗は許すという人もいるけど私は許せない

風俗のイメージ

鞄の中にあった名刺やレシートから夫が風俗に通っていたことが発覚。これってそう珍しいことじゃないんですよ。しかし、自分だけを愛してくれると誓ってくれた夫が、定期的に他の女性と肉体関係を持っているなんて、本当に許せません。今回はこのあたりの話題について詳しく、対処法なども合わせて話しましょう。

参考:浮気する男の特徴ランキング!妻や彼女がいても平気で浮気する男達

夫の風俗通いが許せない!

冒頭で話したように鞄の中などから風俗に通っている決定的な証拠が登場することがあります。知らない人はいないと思いますが、風俗というのは男性が性欲解消のために通うお店のこと。妻という素敵な女性がいる中で、そんなお店に通っていると思うとイライラしてきますね。

言ってしまえば性欲処理のためのお店のようなものですから、割り切って考えれば平気という方もいます。しかし、人間誰しもがそんな広い心を持っているわけじゃありませんし、何だか自分への愛が揺らいだのではないかと不安になってくるでしょう。

実際、夫が風俗に通っているということは妻に何かしらの不満を抱えているということ。特に男性の場合、飽きや老いの問題から他の女性との関係を求めることがしばしば。そんな風俗通いが許せないようであれば、しかるべき対処をする必要があると思います。

風俗通いを許す人も?

ネットなどの意見の中には夫の風俗通いを許すというものもあります。先ほども言ったように風俗は性欲処理を主目的としたお店であり、夫の相手をするのは1日何人もの男性を相手にする女性。浮気とはまた違ってくるので許せてしまう方もいるようです。

そういった方の考え方としては「女性のいるオナニー店」など、ようは風俗を性欲処理のお店以上には見ていないということ。中には男が風俗に通うのは自然だ、なんて意見もあります。まぁ、このあたりについては人それぞれ。許せない人も広い心を持って許してあげなさい、とは絶対に言えません。そもそも人間はそんなに考え方をすぐに変えられない生き物です。

ちなみに、風俗には病気のデメリットがあります。これもネットで議論されることが多いようですが、風俗で夫が病気をもらってきて、それが妻に移るという可能性も。こっちにまで被害が飛び火する可能性があることは覚えておきましょう。

なんで風俗に行くの?

女性の立場からすると、なぜ夫が風俗なんかに通うのか、これが一番の謎ですよね。これにはいくつか理由があるとされます。有名なものとしては妻のことを女性として見られなくなってしまうこと。

しかも結婚生活が長くなれば自然とセックスの回数は減り、夫は新鮮な刺激を求めて風俗へとフラリ、ということです。他にもサラリーマンの方だと接待先の相手に誘われてハマってしまったり、仕事の忙しさからストレスを感じて行ってしまったり、様々な理由か考えられます。

風俗にハマる男性も多い?

風俗のイメージとしては、適当に女性を指名して、ササッと性欲だけ処理して帰る。少し極端かもしれませんが、概ねこんな感じでしょう。しかし、中には同じ女性に会いたいがために、風俗に通い続ける男もいます。これは非常に厄介なもので、もはや浮気と何ら変わらない気がしてきます。

一度、風俗にはまってしまうと抜け出すのが大変ですので、そうなる前に夫の風俗通いを止めさせた方が無難でしょう。風俗だって結構な値段をとられるお店です。そんなところに毎日のように通っていたら、経済的にも苦しくなることは目に見えてます。

真面目な夫ほど注意!

自分の夫は馬鹿がつくほど真面目だから、風俗通いなんて関係ないね、と思っている女性の方は要注意です。何故なら、真面目な夫ほど風俗にハマりやすい傾向にあるからです。真面目な夫の場合、セックスの回数が減って性欲が溜まってくると、浮気では無く風俗店へと駆け込みます。

不真面目なら、一般の女性と普通に肉体関係を持ちますからね。そして、風俗店に初めて行った真面目な夫は、その快感が忘れられず、気が付けば毎日のように風俗店へ。真面目なだけに風俗の女性からの「また来てね」なんて商売発言も無視できないのでしょう。自分の夫が真面目だと思う方は、後で説明する風俗に通っているかの確認方法を見ていってください。

ストレスから風俗へ?

先ほども触れたように、ストレスから風俗へ足を運ぶことも珍しくありません。世の中のサラリーマンは非常に真面目な方が多く、ストレスを溜めこみがちです。上司や同僚との人間関係や、接待先との取引、必要であれば深夜までの残業。

これでストレスを溜めるなというのは無理でしょう。そんなストレスを解消できるお店という意味では、たまになら風俗通いを許すことも必要なのかもしれません。ただ、それが頻繁になるようなら流石に注意が必要です。

風俗は浮気になる?

さて、ここまで夫の風俗通いについて話してきました。ここで気になってくるのが風俗は浮気になるのか、それとも浮気じゃないのか。これには賛否両論あるようです。そういったお店だから浮気にはあたらないと言う方も多めです。

ただ、風俗店に行く以上、セックスやそれに近い行為をしており、これは不貞行為にあたると考えられます。そのため、離婚裁判などを起こすきっかけには十分なるでしょう。男の方は見ていないと思いますが、もし見ているようなら風俗通いは早めにやめるのがおすすめ。

軽い遊びの気持ちだったのに気が付いたら裁判沙汰になっていた、なんて笑えませんからね。よくネットなどで噂されている、風俗店ならセーフは都市伝説の類。ただ、何かしらの行動を起こす前には夫の風俗通いの決定的な証拠を手に入れたいところです。

夫の風俗通いが心配なら

夫が風俗に通っていると決まったわけではないが、最近、帰りが遅いことが多いうえ、セックスを求められる回数が減ったという方は、夫の鞄などから風俗通いの証拠を探してみましょう。

これが意外と簡単に見つかるもので、財布の中に名刺やレシートが入っていたりします。特に男性の場合は、レシートの管理がずさんなことも多め。気になる方は夫が見ていないタイミングで鞄や財布を覗いてみましょう。

夫の風俗通いを止めさせたい!

夫が風俗で他の女性と関係を持っている。これにイライラしてストレスを溜めすぎては、肌荒れや睡眠不足で日常生活がボロボロになってしまいます。そこで、夫の風俗通いを止めさせる方法をいくつか紹介しましょう。

夜の誘いを断らない

結婚生活が長くなるうちに、セックスが面倒になって無意識に夫の誘いを断っていませんか。確かに男と比べると性欲処理もそんなに必要ないので、つい面倒に思ってしまう気持ちも分かります。しかし、性欲が日に日に溜まる夫にとって性欲処理は死活問題のようです。

これを溜めすぎてしまうと、次第に処理方法を求めて風俗へ、そしてそのまま風俗にハマる、なんてケースも考えられますので、夫の誘いはあまり無下にしない方がいいでしょう。全てにOKを出せとは言いませんが、数回に一度は誘いにのってあげてください。

また、夫が全然誘ってこないときには、こっちから誘ってみるのもおすすめ。既に風俗に通っている夫も、久々の妻とのセックスで昔の感覚を思いだし、風俗なんて馬鹿々々しいと思い直してくれるかもしれませんよ。渾身のサービスで夫の風俗通いを阻止するのです。

参考:セックスレスは浮気の最大の原因!夫も妻もレスによる欲求不満から不倫

夫に優しくする

人間は罪悪感をもって生きる生物。風俗に通っている夫の多くは罪悪感を抱えているはずです。そんな夫にあえて優しく接することで、夫の罪悪感は膨れ上がり、耐えられなくなった時には、きっと風俗通いを止めてくれるでしょう。

ただ、中には風俗通いに全く罪悪感を感じない夫もいるようです。これだと罪悪感を強くする作戦は上手くいかないので、自分の夫の性格なども考慮してみてください。また、夫に積極的に話しかけていくことも大切。長年一緒に暮らしていると、何も言わずとも意思が通じているように感じてしまい、自然と会話の回数が減ってしまいます。

会話が減ると、夫としては妻が自分に興味を失くしたように感じてしまうもの。特に無口な夫であれば、積極的に話しかけて会話の機会を増やしてください。

化粧や衣装で誘惑

夫が風俗に通う理由のひとつが、妻を女性として見られなくなること。これを防止するために化粧や衣装を工夫してみてください。たとえば、夫が好きそうな顔立ちになるよう化粧を頑張ってみたり、夫の性欲が刺激されそうな大胆な衣装に身を包んでみたり。工夫次第では夫は妻では無く、一人の女性として自分のことを見てくれるでしょう。

風俗通いの理由が上記のものであれば、これで解決。そう簡単には行かないかもしれませんが、夫を篭絡する気持ちで頑張りましょう。どんな格好なら魅力的に思ってくれるかを考えると意外と楽しいものです。

止めてもらうよう説得する

いっそのこと、小細工なしで夫に正直に話してみるのもおすすめ。風俗通いを止めてもらうように話してみれば、夫も反省して「もう行かない」と誓ってくれるかもしれませんよ。

ただ、口約束なんてものは、そうそう信用できないもの。その場では「行かない」と言っていても、そんなことは忘れて気が付けばまた風俗に通っているなんてケースもありえます。そのため、すぐに夫のことを信用はせず、その後の行動も警戒しておいてください。

仕方のない場合もある?

風俗通いを肯定するわけじゃありませんが、中には仕方のない風俗通いもあることは覚えておきましょう。たとえば、会社の上司や同僚から誘われての風俗。特に上司からの誘いの場合、部下である夫はまず断れませんからね。上司に誘われての数度程度なら許してあげる選択も必要かもしれません。

また、妻のことを思って風俗に通うという主張もあります。既に話したように夫と妻、ようは男と女では性欲の強さが違います。妻に負担をかけないために風俗で性欲を処理して帰る。何とも言えない部分はありますが、夫なりに妻に気を使っているのかもしれません。まぁ、ただの言い訳にしか聞こえないのも事実です。

さらに夫に特殊な性癖がある時も同じ理由から風俗通いすることがあります。妻にできないアレやコレも風俗店なら実現可能。もう仕方ない理由でも何でもありませんが、一応はそういった理由もあることを覚えておきましょう。風俗に行った理由を知っておくと対処法が明確になってきますよ。

真剣に困ったら?

夫の風俗通いに真剣に困って、今までの関係を改めることも考えている方は、まず風俗通いに関する決定的な証拠をつかみましょう。これについてはプロである探偵に任せておくのが無難です。

一応は自分で調査することもできますが、時間や技術、バレる可能性などを考慮すると、どうしてもデメリットが大きくなりがちです。多少の費用はかかりますが、初めからプロに任せておいた方が良い結果が待っているでしょう。

決定的な証拠さえあれば、こちらが主導権を握った状態で夫と話し合いをすることができます。もし裁判沙汰になったとしても、証拠があれば絶対に有利。というよりも、プロである探偵は有利になるような、きちんとした証拠を掴んできてくれます。中には証拠になりそうでも、裁判で使えないものも存在するので注意しましょう。

ちなみに、風俗で夫の相手をした女性は、夫が結婚しているかを知らないことから、風俗嬢に慰謝料を請求するのは難しいと言われています。当たり前と言えば当たり前ですが、頭の片隅に入れておくといいでしょう。

話し合いの決断は慎重に

風俗通いが許せず、夫と真剣に話し合う際は慎重に話を進めましょう。あまりにイライラしていると感情が優先して、何が何でも離婚に持ち込みたくなりがちですが、そこはグッと我慢して夫の話も丁寧に聞いてあげるのです。

もしかすると、夫は心から反省していて、これからは風俗断ちをして妻のことを大事にしてくれるかもしれませんよ。一度失敗を犯した人間が改心した後は、本当に人が変わったようになりますからね。特に子供のいる方は、その子のことも考えて寄りを戻す選択をぜひしてみてください。

ただ、夫が性懲りもなく風俗通いを続けるようであれば、しかるべき対処が必要になるでしょう。こういった夫の風俗通いの問題は非常に多く、男性の4割は風俗経験があるんだとか。それだけにネットではよく議論になる話題になので、他の人はどうなのか体験談などを読んでみるのもありでしょう。他人の体験談は予想以上に役立つものですよ。

浮気問題を円満に解決したい
離婚裁判で慰謝料請求をしたい
浮気問題を誰かに相談したい
子どもの為にも元の夫婦に戻りたい

© 2017 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.