1. HOME
  2. 人探し(家出・失踪)探したい人が「逃げているかどうか」で変わる人探し(家出・失踪)の成功率について

人探し(家出・失踪)

2014年12月19日

探したい人が「逃げているかどうか」で変わる人探し(家出・失踪)の成功率について

探したい人が「逃げているかどうか」で変わる人探し(家出・失踪)の成功率について

探偵に人探し(家出・失踪)を依頼する際、気になるのが成功率です。これは、探している人が「逃げているかどうか」で大きく変わってきます。逃げている場合、相手は足取りを掴ませないようにしているわけですから、当然調査も難しくなります。この場合の人探し(家出・失踪)の成功率は、30~70%といったところです。

では、逃げていない場合。これはどういうことかというと、「依頼者は居場所を知らないが、相手は普通に生活している」という状態です。こちらに関しては、「まず見付かる」と考えてよく、成功率は70~99%といったところです。絶対に見付かるとは言いきれませんが、かなりの確率で見付けることができます。

ただし、最近は個人情報保護の観点から、調査の方法が制限されてきつつあるため、以前なら99%の確率で見付けられた物が、若干下がってしまうこともあります。そのため、人探し(家出・失踪)から、浮気調査などに主軸を移す探偵事務所も多くなっています。

人探し・家出

© 2019 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.